Notice: Undefined offset: 1 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 2 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 3 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 4 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 5 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 6 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 7 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 8 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 1 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/core/files.php on line 182
第26回QOL研究会 - QOL研究会
A A A

第26回QOL研究会

第26回QOL研究会 開催のご案内

平成21年11月14日(土)13:00
会場 :ヤンセンファーマ株式会社 千代田ファーストビル西館 会議室「15 - I」
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-5-2
TEL:03-4411-7700(大代)

ご参加者へのご案内

  1. 13:00に開場します。
  2. 研究会に入会されていなくてもご自由に参加出来ます。
  3. 受付にて,会場費1,000円をお支払いの上ご入場下さい。
  4. PCプロジェクターを使用します。
  5. 会場で会費納入を受付けております。
  6. 会員で所属,住所等の変更、新規入会の方は会場受付で所定の用紙にご記入下さい。

第26回QOL研究会 プログラム

開会の挨拶         東洋英和女学院大学 林 文

司会 国立保健医療科学院・技術評価部 山岡和枝

13:30 ~    東海大学医学部消化器外科 生越 喬二

(1)胃癌患者のQOL-長期経過例の検討-

胃を温存する術式、食事が十二指腸を通る再建術式、空腸嚢作成術式では胃全摘術、十二指腸非通過術式、空腸嚢非再建術式に比し予後良好 であることが 判明してきた。一方、QOL測定で長期的な視野からのデータ報告は見られない。そこで、胃癌患者488例で、術後9年までQOL-20を用いて、QOL を測定したので報告する。一般的に、QOLは術後1年で術前値に戻り、術後経過とともに上昇する。予後がよい術式でその傾向がみられた。EPQを用いた Personalityで耐性(+)患者は全経過通じてQOL高値を示した。

(2)胃癌患者のQOL-長期経過例の検討-

病気(消化性潰瘍、胃癌)になったらどれ位生きれるでしょうか。 高齢化社会になっていますが、病気に対して適切な(?)治療を受けると何歳まで生きれるでしょうか?あなたは、何歳まで生きたいですか?

13:50 ~ 14:10 順天堂大学 医学部 衛生学講座 角田 弘子

「ソーシャルキャピタルと健康-日系人調査-」

近年では、ソーシャル・キャピタルと健康との関連が注目され、その構成要素である「信頼、規範、ネットワーク」と健康についての研究が 国内外で数多 く発表されている。今回はソーシャル・キャピタルという概念を日本で検討する際に「(文化の)連鎖的比較方法論(Cultural Link Analysis)」を用いながら日系人に焦点をあて再考してみる。

14:10 ~ 14:30    東海大学医学部消化器外科 松井 英男

「腹腔鏡補助下幽門側胃切除術前後におけるQOLの変化」

14:30 ~ 14:50   東海大学健康科学部看護学科 庄村 雅子

「難治性肝がん患者の闘病モデルの構築とがん緩和ケア看護に関する研究」

難治性肝がん患者の病いに伴う経験の一連の推移を示す闘病モデルと影響要因を明らかにし、肝がん患者を全人的に捉え、あらゆる病期の闘 病を支える、がん緩和ケア看護のあり方を示唆した研究です。

《コーヒーブレイク》

14:55 ~ 15:15 国立保健医療科学院・技術評価部 山岡 和枝

「健康問題の訴えと社会・人的・文化資本との国際比較」

生活満足度などのQOL関連指標や健康問題の訴えについて、アメリカ、フランス、ドイツでのRDD CATI調査結果とこれまでに実施 された健康と文化に関する国際比較調査結果などを合わせて、それらの回答傾向の特徴や社会・人的・文化資本との関連について報告する

The Society for Quality Of Life (QOL) Research was established in 1993.

  • The purpose of this Sciety is to contribute to the development of QOL research through the research of various kinds of problems on the QOL of patients and normal people, to promote the QOL research, and to disseminate the research result.
  • This society necessarily is interdisciplinary. The members come from various kinds of scientific fields, for example clinical medicine, pharmacology, epidemiology, psychology, clinical psychology, sociology, behavioral sciences, statistics, data analysis, data science, journalism, clinical psychosomatic medicine, psychotherapeutic medicine.
  • We expect and believe that the patients will be able to receive comfortable and effective clinical treatments by the accomplishment of such research. The research meeting is held semi-annually. The results of research are published in journal or reports of academic socienties and in popular publications. The past and present research by this Society is summarized as below, Classification of Ethnic Groups by human leucocyte antigen (HLA) .
  • The type of HLA in the Japanese
  • Determination of QOL Questionnaire
  • Cancer Therapy and HLA type
  • Operation of the stomach cancer and QOL
  • Comparison of QOL among cancer patients of various organs, other patients and normal people
  • The Japanese attitude toward informed cancer
  • Prof. Chikio Hayashi passed away on August 6 in 2002.