Notice: Undefined offset: 1 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 2 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 3 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 4 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 5 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 6 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 7 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 8 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 1 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/core/files.php on line 182
第23回QOL研究会 - QOL研究会
A A A

第23回QOL研究会

第23回QOL研究会

平成18年12月2日(土)14:00 ~ スクワール麹町 4F 羽衣の間 〒102-0083 東京都千代田区麹町6丁目6番地

プログラム

  • 開会の挨拶 (14:00 ~ 14:05)       東洋英和女学院大学   林  文
  • 司会 東海大学消化器外科   生越 喬二

(14:05 ~ 14:30 )

  • 1.A model indicating relationship among cancer experience,socioeconomic factors, cancer survivors’ worries and theirquality of life (QOL)
    Outpatient Clinic, Saitama Cancer Center K. Kobayashi
    • There has not been a good model that could explain the entire structure among socioeconomic problems, cancer patients’ worries and their QOL. In 2002, Japanese nationalsurvey was performed to assess distress among 7885 cancer patients. Our institution also investigated patients’ QOL using the EORTC QLQ-C30 and FACIT-Sp-12. A total of 130(male, 42%; average age, 59 y; performance status rating, 0-2:89%; breast/lung/gastrointestinal cancer, 38/22/21%) completed the questionnaires. The most impressive result from a multivariate regression analysis was losing a job negatively correlated with all functioning scales and several symptom measures on the EORTC QLQ-C30 (p<0.05) and FACIT-Sp-12 scale (p<0.05). A covariance structure analysis was performed for two latent variables, Socioeconomic issues and Patients’ worries, and these variables well explained relationships among income, losing a job, families, prognosis an physical issues and QOL (Goodness of fit index=0.833). This model could help in understanding the entire structure of cancer survivors’ QOL.

(14:30 ~ 14:55 )

  • 2.癌患者のQOLと栄養関連病態への性格特性の関わり
    済生会栗橋病院外科 本田 宏
    • 患者の内向・繊細・非協調・情緒不安定性格(E- P-L-N+)は食欲不振・体力減退・疼痛・ストレス(摂食抑制因子)の増大、QOL・血漿総蛋白・中性脂肪・総コレステロール・カリウム・リンパ球の減少を予測し栄養関連病態とQOLの危険因子である可能性を示した(発癌臓器・ステージ・年齢・性別・血液型・誕生季節調整、P<0.05~0.001)。

(14:55 ~ 15:20 )

  • 3.癌患者のQOLと栄養関連病態への医師・看護師の性格特性の関わり
    東京家政学院大学医療心理学 重久 剛
    • 医師看護師の内向・繊細な性格(E- P-)は、耐性型(E+N-P+)と非耐性型(E-N+P-)性格の患者のQOL・血糖・カリウム・赤血球の増大、疼痛・ナトリウムの減少を予測し栄養関連病態とQOLの防禦因子である可能性を示した(年齢・性別・血液型・誕生季節調整、P<0.05~0.001)。
  • 司会 東洋英和女学院大学 林 文

(15:30 ~ 15:55 )

  • 4.緩和ケアにおける家族のQOL評価
    京都大学大学院医学研究科健康情報学 宮崎 貴久子
    • 緩和ケアにおける家族142名を対象として、SF36v2を使用したQOL調査を実施した。結果、分析対象者89名。患者療養中の家族の「社会生活機能」と「心の健康」が、死別後1年以上経た家族より有意に低かった。

(15:55 ~ 16:20 )

  • 5. 胃癌切除後の空腸嚢再建術式の有用性の予測
    東海大学消化器外科  生越 喬二
    • 胃切除後は食事摂取が制限される。胃癌患者さんは大食漢が多く、術後のQOLは著しく損なわれることになる。それに対処する方法として、空腸嚢再建術式が行われているが、手術が複雑で、熟練を要する。どのような患者さんに、そのような手術を行った方が良いのか検討を行った。予後では、空腸嚢再建術式(胃全摘術を除いて)が良好であったが、術後の免疫能では、差が見られなかった。QOL陽性得点では、空腸嚢再建術で良好で、特に、EPQで耐性を示す患者では、良好であった。結論:EPQ耐性患者では、空腸嚢再建術式は有効で、術後のQOL向上が認められた。

(16:20 ~ 15:45 )

  • 6. 多文化間におけるスコアの変換のための基礎的研究ー日本・オランダでのQOLスコアの比較
    国立保健医療科学院・技術評価部 山岡 和枝