Notice: Undefined offset: 1 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 2 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 3 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 4 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 5 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 6 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 7 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 8 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/db/ja_pages_files.def.php on line 7

Notice: Undefined offset: 1 in /home/sites/heteml/users/n/s/w/nsw/web/q-life.org/qol/core/files.php on line 182
第13回QOL研究会 - QOL研究会
A A A

第13回QOL研究会

第13回QOL研究会は、下記のとおり開催されました。ご報告します。

日時:平成11年10月30日(土) 13:00-17:00

場所:新宿マインズタワー30階  (東京都渋谷区代々木2丁目1番1号)

開会の挨拶(13:00):             会長 林 知起夫

話題提供(13:10~15:50):   司会  小林国彦

1.日本人のタテマエとホンネ  統計数理研究所  林 知起夫

現象としてのタテマエもホンネもアメリカ人に存在する。しかし,これを貫く概念は日本人とアメリカ人とは異なる。日米人の心の差異を無理してアメリカ模倣の治療では日本人のQOLは高まらない。

2.最近のホスピス事情 ホスピスボランテイア 錦織 葆

演者は95年6月に谷 荘吉氏(横浜甦生病院名誉ホスピス長)と共著で『日本のホスピスQ&A』を上梓,その後4年を経過し内容が一部古くなったことから全面改訂,書名も改め 『最新ホスピスQ&A100』をこの9月に出版した。(いずれも東京書籍より)改訂作業の中で浮き彫りとなった最近のホスピス事情について報告する。

3.癌の有無と癌種の予測・判別変数としての,パーソナリテイ(EPQ,STAXI),HRQOL-20,癌告知希望得点 済生会栗橋病院外科 本田 宏

東京家政学院大学  重久 剛

P-,I+,N+,E-,告知を希望しない,の順で癌の有無を予測し P-,I+,告知を希望しない,QOLを良いと回答する,の順で癌患者を判別した。N+,は肺癌をAX/In+,(感情抑制)は胃癌を予測した(P<.05,.01)

4.パーソナリテイ、QOL-20と胃癌患者の予後 東海大学外科   生越 喬二

QOL陽性得点からは予後の相関は見られなかった。陰性得点では中間群が、得点では高値群が、全例生存していた。

QOL-20英語バージョン作成に関して(14:40~17:00):  司会 生越喬二

1.Cross cultural validationの実際  埼玉県立がんセンター 小林国彦

Phase I:Item Generation

翻訳方法は多段階法(repeated forward-backward translation sequence)を採用する。

重複翻訳逆翻訳法(the double-back translation method)

Step 1; independent forward translation by each of two native language-speakers residing in USA and Japan,

Step 2; reconciliation of forward translations by another native language-speakers not involved in forward translation process.

Step 3; Back translation of reconciled version by native English Speaker and comparing to source document

Step 4; review of revised language versions based on reconciliation of discrepancies among source document, Step2 forward translation and Step3 back translation,by 3-4 bilingual health professionals,

Step 5; spelling and grammatical verification.

Phase II:Pre-testing

質問票の内容が理解できるか否か,および,抵抗なく質問票に答えらるか否かを検討するために,まず,英語を母国語とする20名を対象としてパイロット・テ ストを行う。この段階は 内容的妥当性(content validity)を検討していることになる。QOL-20質問票に回答し終わった患者にインタ ビュー方式にて,理解しにくいところ,彼らのQOLにとって大切な点が漏れなく質問されていたか,などが問われる(probe technique)。これらの情報は,最終バージョンに反映される。

2.QOL-20英語バージョン例および総合討論